2019年11月22日

中国 鋼材市況、年後半も「条強板弱」

 中国の条鋼市況が強含んでいる。9―10月に鉄鋼生産が減り、需給調整が進んだ上に政府の環境規制の強化策が河北省など北京周辺から長江デルタ、山西省周辺へと広がり、需給が引き締まる観測が広がった。堅調なインフラ・不動産需要に対し、製造分野の需要は米中貿易戦争の影響などで停滞したまま。鋼板市況は軟化し、年後半も「条強板弱」の状態が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)