2020年11月4日

中国、鋼材市況が「条強板弱」 熱延コイルは2週続落

中国の鋼材市況が「条強板弱」の様相を帯びてきた。建設の需要期の中で異形棒鋼は1カ月余り上がり続けているが、熱延コイルは先週に小幅ながら2週連続下落した。環境対策や都市計画から移転した新製鉄所が各地で立ち上がり、とりわけ生産が増えている熱延の需給が緩んでいる。冬季の環境規制による生産は例年限定的。需給に大きな変化は見られず、市況は条鋼が強く、熱延はやや軟調な地合いが続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)