2020年4月9日

中国鋼材市況、4月入り後一段下落

中国の鋼材市況が4月に入り、再び下げを大きくしている。とりわけ鋼板類が大幅に下がり、条鋼類が引きずられるように反落した。新型コロナウイルスの感染が収束に向かう中、稼働率を上げる製鉄所が増えている。建設工事は再開が進むが、欧米向けが冷え込む輸出産業など製造業の回復は鈍く、鋼板類ほど需給が緩んでいるとみられる。国内経済が復調しつつある一方で新型コロナによる海外の経済減速が中国の鋼材需給と価格に影響する構図となってきた。

おすすめ記事(一部広告含む)