2020年5月7日

中国 鋼材市況、増産と輸入増受け軟調

 中国の鋼材市況は5月1日からの労働節連休入り前に失速した。建設分野の需要は前年並みに近づいているが自動車など製造業は6―7割程度の回復にとどまり、海外の新型コロナウイルス感染拡大で輸出産業は停滞したまま。一方で鋼材生産は増え、「先行きの不安につながっている」(北京の日本鉄鋼関係者)。市況に影響を及ぼし始めた鋼材輸入は当面増える見通し。連休が明ける6日以降も軟調な地合いが続きそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)