2021年5月7日

中国鋼材市況が急騰 熱延、10万円相場形成へ

【上海支局】中国の鋼材市況が先週に大幅に上伸した。上海地区の熱延コイルは先週末にトン5950元(約10万円、増値税込)と1週間で3000円強上がり、金融危機以降の最高を更新。1年間で約4万3000円と1・7倍上がった。堅調な内需と政府の減産方針、原料高、国際鋼材市況の高騰が上昇基調を強めた。労働節連休が明けた今週も続伸し、熱延は全国的に6000元、10万円相場を形成しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)