2020年11月25日

中国鋼材市況が一段高 過去2年余の最高値更新

【上海支局】中国の鋼材市況が上がり続けている。上海の熱延コイル市況は先週末にトン4280元(約6万9000円、増値税込)と1週間で80元上がり、過去2年余りの最高値を更新した。年初から320元、5000円強上がった。需要が堅調な中、鉄鋼生産地の河北省唐山地区で環境規制による鉄鋼減産が進んだこともあり、市中の鋼材在庫が急減した。鉄鉱石や鉄スクラップなど原料高も後押ししている。

おすすめ記事(一部広告含む)