2021年9月29日

中国 異形棒鋼市況が急伸 減産で需給タイト続く

【上海支局】中国の異形棒鋼市況が跳ね上がっている。先週末に上海地区でトン5820元(約9万9000円、増値税込)と1週間で260元上がり、熱延コイル市況に並んだ。中国鋼鉄工業協会会員企業の9月中旬の1日当たりの粗鋼生産が大きく減り、市中の鋼材在庫が減少。中秋節連休が明けた先週に鉄鋼減産が続く見通しが立ち、需給が締まる観測が強まった。不動産大手の恒大集団の負債問題をよそに鋼材市場は政府の鉄鋼減産政策が効き、安定が続くと捉えられているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)