2021年6月14日

経産・財務省 溶融亜鉛めっき鉄線輸入 中・韓製AD調査開始

 経済産業省、財務省は14日、中国、韓国製溶融亜鉛めっき鉄線輸入に対するアンチダンピング(AD)調査開始を発表した。日亜鋼業、NS北海製線、ガルバート・ジャパン、ワイヤーテクノが3月31日に財務相に申請したのを受け、検討していた。原則1年以内の調査で不当廉売、国内業界の損害など事実関係を認定し、AD課税の是非を判断する。

おすすめ記事(一部広告含む)