2021年9月1日

中国の鋼材輸出受注急減 粗鋼減産政策受け抑制

【上海支局】中国鋼鉄工業協会によると、輸出向けの新規の鋼材受注が7月に減少に転じ、8―9月分と月を追って大きく減少している。粗鋼の減産政策から鉄鋼企業が輸出向けの受注を削減し、特に新型コロナウイルスの再感染拡大で経済が落ち込む東南アジア向けを大きく減らしている。鉄鋼企業は限られた鉄源を秋の需要期に入る国内向けに振り向けるとみられ、鋼材輸出は9月以降大きく減少し、アジアの鋼材需給は一段引き締まる見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)