2021年10月11日

中国鋼材先物価格 国慶節連休明け上伸

【上海支局】中国の国慶節連休が明けた8日、上海先物市場の鋼材価格が上伸した。熱延コイルはトン5816元(約9万9000円、22年1月限品)と連休直前の先月末から111元上昇。先月下旬から上がり続け、1カ月ぶりの高値となった。政府の鉄鋼減産政策が需給を引き締める見方は強く、先月からの電力不足は需要を下押すが鉄鋼生産の抑制にも作用する。原料炭など原料高が続き、現物の鋼材市況も上昇機運を維持しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)