2022年11月22日

中国鋼材市況が反発 不動産政策好感し先物高

 中国の鋼材市況が底入りし、反転上昇してきた。政府の不動産不況への対策実施やインフラ投資期待を市場が好感し、先物の鋼材価格が上がり、現物市況に波及した。需要の不振が続くものの秋の需要期の中で鉄鋼メーカーが減産に転じ、市中の鋼材在庫が大きく減少。ゼロコロナ政策による散発的な都市封鎖などで需要の回復はなお鈍いが需給は締まり、原料価格のジリ高基調もあって鋼材市況は上昇の機運を保ちそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)