2022年6月7日

中国鋼材市況が反発 2カ月ぶり

 中国の鋼材市況が2カ月ぶりに上げに転じた。上海地区の熱延コイル市況は先週末にトン4870元(約9万7000円、増値税込)と1週間で130元上昇。上海市のロックダウンが解除されたことを好感して先物市場の鋼材価格が大きく上がり、他の地区でも熱延や条鋼類の現物市況が反転した。原料価格も上げに転じており、鋼材市況は当面上がり続ける見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)