2009年7月17日

銅鉱山の生産能力、2013年には20・8%増

 国際銅研究会(ICSG)はこのほど、銅の鉱山生産能力が2013年に2273万4000トンとなり08年比20・8%増加する見通しを発表した。山元で鉱石から地金(精製銅)まで一貫生産するSX―EW(溶媒抽出電解採取法)が29・2%増える。

 日本や中国をはじめとする銅製錬所の製錬原料となる精鉱も18・4%増えると予測した。精製銅の生産能力は13年に2564万7000トンに達し13・7%増える。

おすすめ記事(一部広告含む)