2011年6月17日

10年度アルミ缶リサイクル率 92・6%と高水準

 アルミ缶リサイクル協会は16日、2010年度の飲料用アルミ缶リサイクル率(再生利用率)が92・6%だったと発表した。

 史上最高を記録した09年度の93・4%から0・8ポイント低下したが、90%以上のリサイクル率を維持した。3月に東日本大震災が発生し、アルミ缶再生地金(RSI)・缶メーカーの一部操業停止があったものの、大きな影響はなかった。CAN TO CAN率は、前年度比5・8ポイント増の68・3%だった。

おすすめ記事(一部広告含む)