2012年9月13日

銅スクラップ、発生増には“建値70万円”

 9月積み銅建値は11日、海外銅相場の急伸を受け、5月17日以来の高値となるトン67万円に上伸した。市中発生薄に悩む銅スクラップ市況にとっては明るい兆しとなるが、現時点では市中の荷動きに大幅な改善は見られていない。ここ数カ月の銅価低迷で、在庫に評価損を抱える売り手が多いためだ。銅建値70万円が市中発生増の目安とされ、今後の海外相場動向に注目が集まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)