2013年3月18日

PPC、電気銅を初採取 チリ・カセロネス鉱山

JX日鉱日石金属と三井金属が共同出資するパンパシフィック・カッパー(PPC)は15日、チリのカセロネス鉱山開発プロジェクトで現地時間14日に、SX―EW(溶媒抽出電解採取)法による最初の電気銅を採取したと発表した。同法により、年平均3万トンの電気銅生産を計画している。2013年10―12月期には銅精鉱とモリブデン精鉱の生産も開始する予定。

おすすめ記事(一部広告含む)