2013年9月26日

住友金属鉱山、ニッケル酸リチウム月能力850トンに増強

住友金属鉱山は26日、リチウムイオン電池(LiB)用正極材であるニッケル酸リチウムの生産能力を、現行の3倍弱の月産850トンに引き上げると発表した。電池材料を製造する磯浦工場(愛媛県新居浜市)で、約48億円をかけニッケル酸リチウムの生産設備を増強する。完成予定は来年6月。同社の正極材を使ったLiBを搭載した電気自動車(EV)の増産を見込み、供給体制を強化する。

おすすめ記事(一部広告含む)