2014年1月28日

アルミ圧延品、13年生産1・1%減196万トン

日本アルミニウム協会が28日発表した2013暦年のアルミ圧延品生産量は前年比1・1%減の195万6400トンで、3年連続のマイナスとなった。出荷も同様に3年続けて前年実績を下回った。12年9月まで続いたエコカー補助金の反動減で、13年前半の自動車向け需要が低迷したこと響いた。建設向けでも、タイ洪水を受けて一部サッシメーカーが12年1―3月に国内で代替生産を行った反動減が足かせとなり、前年比微減にとどまった。

おすすめ記事(一部広告含む)