2022年4月25日

アルミ圧延品 出荷5カ月ぶり減少

日本アルミニウム協会が21日に発表した3月のアルミ圧延品の生産・出荷動向の速報値によると、板・押出の出荷量は前年同月比0・1%減の17万2294トンと5カ月ぶりに前年を下回った。板・押出とも自動車向けの出荷が大きく減少したことが要因とみられる。箔出荷もコンデンサーやリチウムイオン電池向けを含む電気機械器具用途が低迷し、17カ月ぶりに前年を下回った。





おすすめ記事(一部広告含む)