2014年10月16日

木ノ本伸線、難燃マグネ溶接ワイヤ 国内で試験販売

磨棒鋼・異形線メーカーの木ノ本伸線(本社=大阪府東大阪市、木ノ本裕社長)は15日から、開発した「難燃性マグネシウム合金製MIG溶接ワイヤー」を、国内で試験販売する。数値特性は非公表だが、アルミMIG溶接ワイヤ並みの性状を持つという。すでに、製造メーカーなど5社から引き合いがある。3―5年後に実現するとみられる、高速鉄道車両向けへの適用を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)