2015年3月13日

中国産マグネシウム、旧正月明けもジリ安

中国産マグネシウムは、旧正月明け後もジリ安は変わらず。生産コスト割れの安値水準でも、生産調整は進んでおらず、ほぼ全てのマグネ工場が赤字に陥っている。中国の地方政府による、「生産停止や従業員を解雇する企業に対しては、相場が好転しても再び営業を許可しない」(非鉄金属専門商社タックトレーディングの上島隆社長)といったプレッシャーが、需給改善を遅らせている。

おすすめ記事(一部広告含む)