2015年3月26日

CKサンエツ、大連の加工子会社譲渡

CKサンエツは26日、中国の連結子会社、大連三越精密部件工業の出資持分の全てを成悦(本社=東京都江戸川区、李秀鵬社長)に譲渡すると発表した。日本で造った黄銅棒を加工し、日本や中国の需要家向けに販売してきたが、人件費の高騰や円安推移で採算が悪化し黒字回復は難しいと判断。譲渡額は1円で、実質的に無償譲渡する。日本向けの加工は国内工場に切り替えるため、鍛造機3基をすでに大連三越から移設した。

おすすめ記事(一部広告含む)