2015年4月9日

JX金属、低挿入力のめっき開発 錫・銀合金層

JX日鉱日石金属はこのほど、コネクター挿入時の抵抗を低減し、通電の信頼性も高める新たなめっき技術についてサンプル品の提供を開始した。独自のめっき液と熱処理工程により表面に固い錫・銀合金層を形成することで、従来のリフロー錫めっきと比べて摩擦係数を6割以上抑えられる。コネクターの多ピン化などから低挿入力めっきの要求は高まっており、新めっき技術で需要を取り込んでいきたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)