2015年11月17日

タツタ電線、電子材事業を一段強化

 タツタ電線は16日、決算説明会を開催し、収益をけん引する電子材料事業を強化していく方針などを明らかにした。電子材のうち、中核となるフィルム以外のペーストおよびファインワイヤ(ボンディングワイヤ)の事業は、中期計画最終年度となる2017年度までに販売を2―3倍に引き上げる計画。また、フィルム事業は、新たに取得した仙台工場を今月に竣工させ、早期に本格操業体制に移行。京都府内の木津川と福知山の国内各製造拠点と合わせ、現状の月産能力100万平方メートルから、約50%の増強を図っていく予定だ。

おすすめ記事(一部広告含む)