2017年1月18日

中国産マグネシウム、乱高下

 中国産マグネシウムが乱高下している。中小マグネ工場の換金売りなどから、一時は昨年3―4月以来の安値水準となるトン2000ドル付近に値を下げた。その後、割安感を好感した需要家などの買い付けや、大手企業の価格引き上げなどで反発している。今月下旬からの旧正月を前に「相場の方向性を見極める必要」(非鉄金属専門商社タックトレーディングの上島隆社長)がありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)