2017年3月13日

東邦亜鉛、豪中心に亜鉛鉱石確保

 東邦亜鉛は豪資源子会社CBHリソーシズを基軸に、亜鉛鉱石の中長期的な確保に取り組む。操業中の豪ラスプ鉱山、豪エンデバー鉱山で周辺探鉱による山命延長を図りながら、豪州を中心に、新規探鉱による資源権益の積み増しを図る。亜鉛鉱石の需給タイト化で製錬所の加工収入である溶錬費(TC)が下落する中、資源事業と製錬事業のバランスを重視し、両事業の持続的な発展を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)