2017年3月15日

米国、亜鉛地金輸出が急増

 米国の亜鉛地金(亜鉛分99・99%以上)輸出が急増している。2016年実績は前年比およそ10倍の約11万トンで、17年1月は単月で1万5000トン超を記録した。東アジアと東南アジアが向け先の9割を占める。鉱石不足の影響で大手生産者の地金減産が始まっており、特に供給タイト化の見込まれるアジアに向けて、地金の大移動が始まったと一部の業界関係者はみる。

おすすめ記事(一部広告含む)