2017年10月27日

中国産マグネ、3カ月ぶり安値水準

 中国産マグネシウムが、3カ月ぶりの安値水準に下落した。8月ころから「生産好調とともに供給過剰気味」(非鉄金属専門商社タックトレーディングの上島隆社長)であることが重し。一方、コスト高は変わっていないため、マグネ工場の多くが損失を出しているという。工場の生産削減や停止、来年に向けた商談が始まってくるとともに、マグネ相場が上昇に転じる可能性もありそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)