2017年11月17日

住友金属鉱山、現場力強化など課題 シエラゴルダ稼働率改善

 住友金属鉱山の中里佳明社長は16日開催の経営戦略進捗状況説明会で、目下の経営課題として現場力の強化による機会損失の最小化や、環境変化への対応を挙げた。また、具体的な課題案件の一つにチリのシエラゴルダ鉱山の早期黒字化があるとし、まずは稼働率と実収率を計画値に近づけることに注力していると説明した。

おすすめ記事(一部広告含む)