2021年2月9日

住友金属鉱山 通期利益360億円上振れ

 住友金属鉱山は8日、2021年3月期通期(国際会計基準)の連結業績予想を上方修正したと発表した。銅やニッケルなどの非鉄金属価格が予想を上回る水準で推移するとして、税引前利益は前回11月の予想から360億円上振れ1030億円になる見通し。前期比で減益を見込んでいたが30・3%増益となる。期末配当予想も41円増やし78円に引き上げた。年間100円(前期は78円)になる。

おすすめ記事(一部広告含む)