2018年2月26日

伸銅メーカーの業績改善

 伸銅メーカーの業績改善が目立つ。2017年4―12月期の連結決算では、多くの上場メーカーが収益ともに前年実績を大きく上回った。一貫して需要が堅調なのに加え、銅価高も追い風となっている。さらに、板条では加工賃(ロールマージン)の引き上げ、黄銅棒では原料スクラップの余剰感といった要因も収益を底上げしている面があり、銅価が予想外の大崩れなどをしない限り通期決算も好調さを維持する公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)