2018年6月1日

アルミ新地金 7―9月国内価格10円高

 国内軽圧品相場の指標で四半期ごとに改定されるアルミ新地金の7―9月価格は前四半期よりキロ10円高の310円となる見通しだ。新地金価格の決定要因の1つである海外アルミ相場は米国政府が露のアルミ大手ルサールを経済制裁の対象にした4月上旬から急騰し、同月下旬に米国が制裁の一部猶予を発表した後も高値で推移した。ただもう1つの要因である為替は円高に振れたため、アルミ新地金価格は小幅上伸にとどまった。

おすすめ記事(一部広告含む)