• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2019年6月3日

アルミ新地金価格 7―9月期270円で横ばい

国内軽圧品相場の指標で四半期ごとに改定されるアルミ新地金の7―9月価格は前四半期(4―6月)と同額のキロ270円にとどまる見通しだ。

7―9月の新地金価格は3―5月のロンドン金属取引所(LME)アルミ価格に対日プレミアムを加え、金利や為替などの諸費用を考慮して円建てで算出する。年明け以降、米中貿易摩擦が緩和に向かうとの期待が広がり、中国経済減速の過度な悲観論も後退。アルミ需要減少への警戒感が和らいだことから、3月のLMEアルミセツルメントはトン1830―1900ドルの範囲で推移した。だが4月、トランプ米大統領が欧州連合(EU)からの輸入品に新たに関税を課すと警告すると、嫌気して下値を探る展開となり、セツルメントの月間平均も1850ドルを割り込んだ。 5月に入るとトランプ米大統領が中国からの輸入品に対する追加関税を10%から25%に引き上げる考えを表明し実行。中国も米国への報復措置を6月に実施すると発表するなど、先行き不透明感が強まった。銅などの非鉄金属相場が軟調となる中、アルミも弱含み、1800ドルを下回った。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 日刊産業新聞DIGITAL または 産業新聞本紙のご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/02/19
H2新断プレス
20200円 (―)22200円 (―)
182.08ドル (-0.13)200.11ドル (-0.14)

 換算レート (TTS) 110.94円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/02/19調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
68000-61000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8100079000
鉄スクラップ
H295008000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -657 -652 -655 -650
電気亜鉛 -279 -273 -279 -273
電気鉛 263 260 263 260
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ