2019年1月22日

古河AS アルミ電線、ベトナムで増強

 古河電気工業グループの古河AS(滋賀県犬上郡、柴田勝美社長)は21日、アルミ電線を組み込んだ自動車用ワイヤハーネスの需要拡大に対応し、ベトナム拠点(フルカワ・オートモーティブ・パーツ・ベトナム)におけるアルミ電線の生産能力増強を決定したと発表した。20年9月に生産を開始し、21年12月にはベトナム拠点のアルミ電線生産能力を、現状比約4倍に引き上げる。投資額は約35億円。

おすすめ記事(一部広告含む)