2019年5月24日

東邦亜鉛 高純度鉄合金の用途開拓

 東邦亜鉛は自社製造の電解鉄を用いた高純度鉄合金の用途開拓を進めている。クロムを最大35%含む鉄クロム合金に高い加工性と耐食性を持つことが実証され、今年中にも自社工場で稼働する熱交換器プレート材に試験実装する予定。将来はチタン展伸材の代替材料としても期待されており、早期の実用化と外販のめどを立てたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)