2019年8月20日

三井物産 現有銅鉱山を良質化

三井物産は銅資源事業で現有資産の良質化に注力する。チリの旗艦資産、コジャワシ銅鉱山とアングロ・アメリカン・スール(AAS)では中長期的な拡張を検討中。カセロネス銅鉱山は操業改善が進んできており、市況に左右されにくい安定収益基盤の確立を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)