2022年3月22日

三井物産 資産良質化に注力

三井物産の金属資源本部は電池、冷鉄源、現有資産の良質化を注力事業に位置付ける。非鉄関連では、リチウムの供給確保や電池リサイクルに力を入れる。チリのコジャワシ銅鉱山やアングロ・アメリカン・スール(ASS)の拡張、水力発電由来のアルミ地金の提案など既存資産の良質化により収益力の強化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)