2020年2月4日

日軽金 3D向けアルミ粉の商品群強化

 日本軽金属グループは3Dプリンター用アルミ粉末のラインアップを強化している。現在は鋳造材を中心に数種類の3D向け粉末を生産しているが、さらに高熱伝導、高温・高強度、高剛性といった特性を持つ機能性合金粉の開発を進めており、2020年度中に順次サンプル提供できるようにしていく。機械加工などでは難しい複雑な構造のヒートシンクや蓄熱材などでの用途拡大を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)