2020年2月13日

昭和電工 前期営業益33%減

昭和電工が13日に発表した2019年12月期通期の連結決算は、営業利益が前期比32・9%減の1207億9800万円だった。黒鉛電極事業の減産やハードディスク事業のパソコン向け出荷数量の減少などが響いた。アルミニウム事業も振るわなかった。20年12月期の営業利益予想も89・5%減益の90億円にとどまる見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)