2020年3月2日

アジア物性材料 酸素フリーセレン開発

 レアメタル・回収精製のアジア物性材料(本社=横浜市緑区、水野光男社長)はこのほど、独自の酸素除去技術を用いて、5N(純度99・999%)酸素フリーセレン(ドライペレット)を開発した。いわき工場(福島県いわき市)で生産する。従来品と比べ酸素濃度を20分の1程度の0・5ppm以下に抑えた。医療分野に向けたサンプル出荷の予定もあり、X線マンモグラフィーのさらなる性能向上に貢献すると期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)