2020年10月7日

アサカ理研 LiB再生設備導入

東北で有価金属の再生事業を手掛けるアサカ理研は「ふくしま産業復興企業立地補助金」を活用し、いわき工場(福島県いわき市)でリチウムイオン電池(LiB)に含まれるレアメタルの量産プラントを導入する。湿式プラントで、正極材に使用されるコバルト、ニッケル、リチウムといったレアメタルを資源として再生する。10年後の最終段階では、同資源の国内供給シェアで5―10%を占めるまでに事業を拡大する計画を立てており、動脈ビジネスと静脈ビジネスを一貫して行う「動静脈ビジネスのフロンティアカンパニーとなる」(油木田社長)決意を示す。

おすすめ記事(一部広告含む)