2020年4月16日

NJT銅管 前期販売4%減

 大手銅管メーカーのNJT銅管(本社=愛知県豊川市、松下彰社長)は前期(2020年3月期)の販売量が前の期より約4%少ない月平均3800トン弱だった。最大の需要分野である家庭用エアコン(RAC)関連は秋口まで堅調だったものの、10月の消費税率引き上げ以降は減速。給湯器などエアコン以外の需要も低調だった。今期は前期実績からの上積みを計画していたが、直近の新型コロナウイルス問題で今後の需要環境が見通しにくくなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)