2020年4月17日

NJT銅管 火無し継手の能力倍増

 大手銅管メーカーのNJT銅管(本社=愛知県豊川市、松下彰社長)は、グループ会社の東洋フイツテング(本社=名古屋市港区)が製造する空調冷媒配管用の火無し継手「RGプレス」の生産能力を倍増させる計画を立てている。ロウ付けの専門技術がなくても配管をつなげられるRGプレスは、施工性の高さと専用工具でカシメることによる施工品質の安定性から販売が想定以上のペースで増加。プレス機や検査装置の増設により月間生産能力を現状の1万個から2万個まで引き上げたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)