2015年2月20日

VVF価格、先安観も昨秋水準維持

屋内配線用電力ケーブルのVVF(ビニル絶縁ビニルシース平形)ケーブルの市況が踏ん張りを見せている。年初から銅価は急落しているが、メーカー各社の売り腰がしっかりしているため、「昨秋に上がったラインをまだ維持している」(大手市販問屋)。先安観は拭えないものの、エアコン向け需要まで価格下げを抑制したいのが、扱い筋の思惑のようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)