2020年6月19日

古河エレコム 売上高500億円目指す

古河エレコム(本社=東京都千代田区、福地光社長)は2022年度、売上高500億円、営業利益率10%を目指す。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動車)の普及で拡大が見込まれる自動車部品をはじめ、ロボット向けの冷熱・放熱製品や管路材など非汎用電線製品の拡販を進める方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)