2020年7月29日

伸銅品生産、全14品種マイナス

日本伸銅協会が28日発表した6月の生産速報によると、総生産量は前年同月比29・1%減の4万5952トンと19カ月連続で減少した。5万トン割れは2カ月連続。前月統計では唯一増加した洋白その他板条も減少に転じ、全14品種がマイナスとなった。主要品種の銅条や銅管、黄銅棒は2割以上、黄銅条は4割以上減少。新型コロナウイルス感染拡大を受けた自動車市場の生産調整などを背景に需要減退が深刻さを増している。

おすすめ記事(一部広告含む)