2020年8月7日

古河電工 通期営業益78%減

古河電気工業は6日、2021年3月期連結業績予想について、売上高が前期比14・7%減の7800億円、営業利益が78・8%減の50億円となりそうだとの見通しを発表した。自動車部品事業と電力事業での海外子会社の操業低下の影響を織り込んだ。上期は大幅な赤字を予想するも、第3四半期から黒字基調に戻る見通しとした。

おすすめ記事(一部広告含む)