2020年10月9日

レアメタル国際相場 上昇一服で様子見

レアメタルの国際相場の上昇が一巡してきた。8―9月に騰勢を見せたインジウムやガリウムなどエレクトロニクス関連の足元値動きは落ち着き、反発基調だったコバルトやアンチモンも頭重くなってきた。中国需要に力強さは戻りつつあるが、新型コロナウイルスが再拡大する欧州の規制強化の動きなどが、上値を抑えている。

おすすめ記事(一部広告含む)