2020年10月30日

LIXILグループ 通期予想を上方修正

LIXILグループは30日、2021年3月期通期(国際会計基準)の連結業績予想を上方修正したと発表した。事業利益は400億円(前期比23・5%減)になる見通し。前回予想から150億円上振れる。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ需要に回復の兆しが見られる。コスト削減効果も織り込む。未定だった当期利益は株式売却による「非継続事業」を含めて190億円を見込む。前期比52%増える。売上収益予想は1兆3500億円(同11%減)に据え置いた。

おすすめ記事(一部広告含む)