2020年12月2日

LME 非鉄相場騰勢強まる

ロンドン金属取引所(LME)非鉄金属相場の騰勢が強まっている。銅はトン7600ドル台に乗せるなど、2013年3月以来の高値水準へと続伸した。アルミは、18年10月以来となる2000ドルの大台を回復している。金融市場のリスクオンは変わらず、非鉄金属も買われる場面が続く。一方で、上昇ピッチが速いことへの警戒感も浮上しつつある。年末が近づくにつれ、利益確定売りが入る可能性もありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)